WiMAXキャンペーンや料金のことなら

WiMAXのことならWiMAX STYLE

WiMAX STYLEは、WiMAXの使い方から料金・キャンペーンまで幅広く解説する専門サイトです。

サイト運営者はWiMAXを8年ほど利用していますが、データ通信量に対してコスパがよく、今でもなくてなならないモバイルルーターとして活躍しています。

スマホのデータプランを増やすくらいなら、WiMAXルーターを持つ方が絶対良いと思っているので、WiMAXをもっと分かりやすく伝えるために、情報を発信していきたいと思います。

更新情報

最新機種W06が登場!下り最大1.2Gbpsの速度に注目

2019年1月27日から、Speed Wi-Fi Next W06の発売が開始されました。

最新のWiMAXルーターの取り扱いを各プロバイダが開始しており、お得なキャンペーンも続々登場しています。

人気の機種WX05を徹底解説

NECからWiMAX2+対応の最新機種Speed Wi-Fi WX05の登場が2018年11月8日となりました。

Huawei製のルーターの今後が見通せない中、NECの国内産ということもあり、根強く人気を集める端末です。

WX05の特徴やスペックは?

WX05はこれまでにない新たな機能、WiMAXハイパワーやビジュアルステータスなどを搭載した魅力的な端末になりました。

最大通信速度は440Mbpsにとどまったものの、電波の届きにくいWiMAXの弱点を補う工夫がなされて、これまで以上に快適に利用できる端末になりそうです。

WX05の特徴やスペックは?NECの最新ルーターの実力を徹底解説!

WX05のキャンペーンも各プロバイダで開催中

WX05の発売が決定され、各プロバイダからも一斉にキャンペーンが発表されました。

30,000円を超えるキャッシュバックキャンペーンや、月額料金が1,000円も割引されるキャンペーン、端末代金無料など、各社特徴のあるキャンペーンでWX05の販売に力を入れています。

もちろん公式サイトであるUQ WiMAXで購入するのもありですが、WiMAXはプロバイダのキャンペーンをしっかり比較して契約すれば、30,000円以上お得になります。

これは最新機種であるWX05も同様なので、購入する前にしっかりキャンペーンを比較しましょう。

WX05とW06どっちを選ぶ?

WX05とW06が出揃い、2019年のWiMAXルーター選びは、この2つの機種のどちらかを選ぶことになりそうです。

速度面では圧倒的にW06が上ですが、1.2Gbpsのギガビット通信を行うには、様々な条件があります。

現状ではまだ実用的な速度ではないので、使い勝手の良いWX05に人気が集まりそうです。

WiMAX Home L02も発売開始

WiMAXで根強い人気のあるホームルータータイプは、モバイルルーターとは違い、自宅やオフィスの固定回線として使えるルーターです。

W06の発売と同時に、HuaweiのHome L02の発売も開始されました。

L02も条件付きではありますが、1.2Gbpsのギガビット通信に対応した初めてのホームルーターです。

こちらも各プロバイダがお得なキャンペーンを発表しているので、UQ WiMAXで契約するよりも30,000円以上お得に契約できます。

Home 01とL02どっちを選ぶ?

これまでWiMAXのホームルーターは、Huaweiからしか発売されていませんでしたが、NECのHome 01が発売されたことで、ホームルーターも2機種から選べるようになりました。

速度重視のL02と、機能や安定性重視のHome 01ではどちらを選ぶのが正解でしょうか?

2つのホームルーターの比較は、こちらのページにまとめました。

Home 01とL02を比較!WiMAXのホームルーターはどっちを選ぶ?

WiMAXの人気プロバイダの特徴を分かりやすくご紹介

WiMAXには、UQ WiMAXを始めとして、様々なプロバイダが存在します。

プロバイダと言っても、現在の格安SIMのMVNOのようなもので、UQ WiMAXの回線を色んな会社が利用しているという形です。

とは言っても、プロバイダごとに通信速度が遅くなったり、混雑して通信ができなかったりということはありません。

回線の品質はどのプロバイダでも同じなので、WiMAXのプロバイダ選びは料金やサービス面を重視して決めましょう。

料金面では最安値のGMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBBは、キャッシュバックキャンペーンと月額料金割引の2つのキャンペーンが特徴のプロバイダです。

料金面では常に最安値を走り続けていて、特にキャッシュバックキャンペーンは他のプロバイダと比較して10,000円以上お得にWiMAXを利用することができます。

ただし、受け取りが契約から12ヶ月後なので、受け取り手続きを忘れてしまうユーザーも少なくないようです。

月額料金割引は、総額ではキャッシュバックキャンペーンより割高なのですが、煩わしい受け取り手続きがなく、最初から月額料金が割引されている手軽さから人気を集めています。

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックキャンペーンを解説した記事はこちら

GMOとくとくBB WiMAXの月額料金割引って?料金や特徴を解説した記事はこちら

月額料金とサポートが魅力のBroad WiMAX

Broad WiMAXは、料金面ではGMOとくとくBBに次いで2位ですが、当サイトからの申込数は1番多いプロバイダです。

月額料金が十分に安く設定されていることに加えて、初期費用無料キャンペーンや端末代金無料のお得なキャンペーンを開催しています。

また、他社からの乗り換え違約金を負担してくれるキャンペーンも開催しているので、契約期間中であっても違約金を気にせず乗り換えが可能です。

解約違約金が無料!Broad WiMAXの他社乗り換え違約金負担キャンペーンを解説

その他にも、WiMAXの通信速度やエリアに不満がでた場合に、他の通信サービスに無料で乗り換えができるご満足保証といったサポートも充実しているので、WiMAX初心者にも安心のプロバイダです。

Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーンを徹底解説!条件や開催期間などの注意点は?

Sonyが運営するWiMAXプロバイダSo-net

So-net WiMAXは、Sonyが運営するWiMAXのプロバイダです。

過去にはGMOとくとくBBとキャッシュバックの金額で競い合っていて、時には安さでNo1に躍り出たこともあるプロバイダなのですが、最近ではキャッシュバックキャンペーンは行なっていません。

現在は月額料金の割引を行うキャンペーンだけに絞っていて、分かりやすい料金プランになっています。

So-net WiMAXでも過去に契約していたことがあるのですが、WiMAXの契約時に加入するSo-net モバイル会員の費用が月額料金と一緒に請求されていたことに気づかず、2年ほど毎月200円を支払い続けたという苦い経験があります。

So-net WiMAXの料金自体はそんなに高くないのですが、解約する際はモバイル会員も一緒に解約しないと、知らずに会員料金を支払い続けていることがあります。

So-net WiMAXのキャンペーン内容や料金などの特徴を徹底解説!

WiMAXの公式プロバイダ UQ WiMAX

UQ WiMAXは青いガチャピンとムックでおなじみの、WiMAX公式プロバイダです。

最近では、WiMAXだけに限らず、格安SIMのUQ Mobileにも力を入れていて、CMなどではそちらを見かける機会の方が多いのではないでしょうか?

WiMAXに関しては、全てのサービの提供元はここなので、安心感ではNo1です。

ただし、他のプロバイダのようにキャッシュバック金額は大きくないですし、月額料金もそこまで大きく割引できてはいないのですが、本家という安心感からか、いまだに根強い人気を集めるプロバイあです。

少しくら割高でも、とにかく名前の知っている会社で契約したい・安さよりも安心感を重視したいというユーザーにはおすすめのプロバイダです。

UQ WiMAXのキャンペーン内容とプロバイダの特徴を解説

WiMAXの料金を比較する

WiMAXは、申し込みをするプロバイダによって、月額料金やキャッシュバック金額などが大幅に異なります。

サポート内容も大事なのですが、やはり毎月の支払いとなる月額料金や、契約期間中の利用総額に関わるキャッシュバックの金額はとても重要です。

WiMAX STYLEでは、全てのプロバイダのキャンペーン内容を調査して、比較しやすいようにまとめています。

とにかく安くWiMAXを利用したいというユーザーは、WiMAXの料金比較ページをご覧ください。

WiMAXの申し込み前にチェック

WiMAXの申し込みは、基本的にはキャンペーン・料金・サポートをチェックすれば問題ありません。

しかし、個人ではなく法人で申し込む場合や、すでに他のWiMAXプロバイダで契約している場合の注意点など、環境によって通常の申し込みとは異なるチェックポイントがあります。

WiMAXプロバイダを乗り換える場合

現在契約中のWiMAXプロバイダから、他のプロバイダに乗り換える場合は、解約違約金に注意が必要です。

契約期間中に今利用しているプロバイダよりもお得な料金のプロバイダを見つけてしまったり、最新機種に機種変更をしたいなど、プロバイダを乗り換える理由は様々です。

しかし、WiMAXを解約する場合は、解約違約金に注意が必要です。

安いプロバイダに乗り換えるために、高い違約金を支払ったのでは意味がないので、解約違約金を負担してくれるキャンペーンを行なっているプロバイダで申し込みしましょう。

解約違約金が無料!Broad WiMAXの他社乗り換え違約金負担キャンペーンを解説

WiMAXを法人で申し込む場合

WiMAXは個人で利用することはもちろん、法人での利用もとても便利です。

法人で従業員用に複数台のモバイルルーターが必要な場合は、データ通信量を気にしなくて良いWiMAXが最適です。

法人での申し込みの場合は、複数台の契約に対応してくれて、なおかつUQ WiMAXで契約するよりもお得なプロバイダで申し込むことで、うまく経費を削減してくれます。