WiMAX STYLE

WiMAXキャンペーンや料金のことなら

W04とWX04を徹底比較!2つの機種の違いと選ぶポイントをまとめました

W04の発売から8ヶ月が経ち、ついにWX04の販売が開始されました。

これからWiMAXを契約する場合は、W04とWX04のどちらかを選んで契約する方がほとんどでしょう。

ここではW04とWX04を比較し、どっちのルーターを選ぶのが良いかを徹底検証したいと思います。

W04とWX04の比較するポイント

  • WX04は3年プラン限定販売
  • LTEを利用するならWX04で3年プランがおすすめ
  • LTEを利用しないならW04で2年プランがおすすめ

新しく発売されたNECのWX04は、新たにLTEオプションに対応し、LTEオプションが無料で使える3年プラン限定の販売となりました。

選ぶなら最新機種のWX04が欲しいという方は、3年契約で申し込む必要があります。

他のプロバイダなら総額が高くなってしまう3年プランですが、Broad WiMAXなら、3年間利用した総額で見ても、月々3,553円で利用できるので、おすすめです。

3年プランには抵抗があり、最新機種にはこだわりがないという方には、W04の申し込みで33,000円のキャッシュバックがもらえるGMOとくとくBBがおすすめです。

W04とWX04をスペックで比較してみる

W04 WX04
WiMAX2+ 440Mbps
+ au 4G LTE 708Mbps 440Mbps
通信時間 10時間 13時間
サイズ W130
H53
14.2
W111
H62
D13.3
重さ 140g 128g
WiFi規格 IEEE802.11ac/n/a(5Ghz),11n/g/b(2.4Ghz)
給電 USB Type-C
Bluetooth
ワンタイムHS+A ×
カラー グリーン
ホワイト
アクアブルー
クリアホワイト
購入 料金比較へ 料金比較へ

W04とWX04をスペックで比較して見ると、最大速度ならW04その他はWX04が優れいているという結果になりました。

どちらのルーターも、WiMAX2+とau 4G LTE回線の通信に対応していて、一見ほとんど差が無いように見えますが、256QAMという通信に対応し、下り最大708Mbpsに対応しているのは、旧機種のW04だけです。

現在は、東名阪一部エリアのみの対応となっていますが、対応エリアは徐々に拡大していくことでしょう。

対して、LTE通信をワンタッチで切り替える事ができる、ワンタイムHS+Aの搭載や、軽量コンパクトな本体など、ルーターとしての機能は、WX04の方が優れています。

正直な感想としては、スペック面ではそれほど大きな差が無いため、2つの機種を比較するポイントは、やはり2年プランか3年プランか?という所になりそうです。

W04とWX04を料金プランで比較する

W04は2年・3年どちらのプランでも選ぶ事ができますが、WX04は3年プランでしか申し込みする事ができません。

W04をギガ放題2年プラン、WX04をギガ放題3年プランで契約した場合の料金を、プロバイダ別に比較してみましょう。

プロバイダ W04
ギガ放題2年
WX04
ギガ放題3年
Broad WiMAX 3,325円 3,563円
So-net 3,713円
GMO 4,181円 4,208円
Biglobe 4,294円 4,322円
UQ WiMAX 4,295円 4,323円

こうして2年利用した場合の実質月額料金と、3年利用した場合の実質月額料金では、思ったほど差が出ない事が分かります。

2年契約のプランだと、LTEオプションを利用すした月は+1,000円の利用料が必要ですが、3年プランの場合はLTEオプションが毎月無料で利用できるので、LTE通信を利用したいという場合は、絶対に3年プランがおすすめです。

3年プランでWX04を買うならBroad WiMAXがおすすめ

W04とWX04は、スペックや速度の差よりも契約期間が2年か3年かというポイントが決め手になります。

3年契約はこれまでWiMAXを利用してきた方からすれば、少々長く感じるかもしれませんが、Broad WiMAXの3年プランなら、実質月額3,563円でギガ放題とLTE通信が使えます。

他のプロバイダのように、高額なキャッシュバッっくはありませんが、その分月額料金を大幅に割引てくれているので、3年間毎月お得に利用できるのがBroad WiMAXです。

現在、発売されている端末の中で、最も新しいWX04をお得に手に入れたいという方は、Broad WiMAXからのお申し込みがおすすめです。

※こちらからのお申し込みとクレジットカード払いで、初期費用が無料のキャンペーン中です。

さらに詳しくWX04の料金を比較した記事はこちら >

2年プランでW04を買うならBroad WiMAXかGMO

3年契約はちょっと長いな…と感じる方は、WX04を購入する事ができないので、2年契約ができて比較的新しい端末のW04がおすすめです。

その代わり、LTEオプションを使った月は+1,000円必要になるので、毎月利用する予定の方は、やはり3年プランがおすすめです。

2年プランでW04を選ぶ場合は、普段はLTE通信をOFFにしておいて、必要な時だけ利用するという使い方が良いでしょう。

W04を購入するなら、月額料金の安いBroad WiMAXか、キャッシュバックのあるGMOでの契約がおすすめです。

料金の比較表に記載してある料金から、30,000円のキャッシュバックがもらえるGMOは魅力的ですが、受け取りには契約から11ヶ月後に手続きが必要です。

GMOのキャッシュバックキャンペーンを利用してW04を購入する場合は、受け取り忘れに注意が必要です。

面倒な手続きが心配で、キャッシュバックよりも毎月確実に割引を受けたいという方は、Broad WiMAXの月額最安プランでお申し込みすると良いでしょう。

W04とWX04を比較したまとめ

ここまでご紹介した通り、ルーターとしてのスペックはWX04が優れています。

型番は同じ04ですが、W04の発売から1年近く経過して発売されたWX04なので、改良されて高機能になるのは、当然といえば当然ですが。

WiMAXの端末は、WシリーズとWXシリーズが競って発売され、どのシリーズもWXシリーズが人気を集める傾向にあります。

やはりNEC製という信頼もあるかと思いますが、今回もWXシリーズの人気が高まりそうです。

ただし、3年プラン限定というのが、2年契約を望むユーザーからは敬遠される事になるでしょう。

今回のW04とWX04を比較するポイントは、スペックや通信速度よりも、2年プランと3年プランのどちらで契約したいか?という事になりそうです。