WiMAX STYLE

WiMAXキャンペーンや料金のことなら

WX04とW05を徹底比較!どっちのルーターを選ぶのが正解?

これからWiMAXを契約するならWX04とW05を比較して、どちらかを選んで契約することになりますが、2つの機種のどっちを選べば良いでしょうか?

WX04とW05を比較してみると、端末としてはWX04がおすすめだということが言えそうです。

ただし、WX04は3年プラン限定での販売になっているので、スペックよりも契約期間を重視するという場合は、W05しか選択肢がないということになります。

そうした点も踏まえて、WX04とW05を徹底比較してみました。

WX04とW05の比較ポイント

詳しい比較の前に、2つの端末をどういう視点で比較してみれば良いか、ポイントを抑えておきましょう。

1.機能で優れるWX04は3年プラン限定販売

バッテーリが長く持ち、小型で軽量の国産ルーターとして、魅力はWX04が上なのですが、WX04は3年プラン限定での販売になっています。

3年プランはLTEオプションが無料になるので、メリットは大きいのですが、契約期間を2年で済ませたいという方には、ハードルが高くなります。

反対に、LTE無料の3年プランで契約したいという方には、WX04を選んでおけば間違いありません。

2.2年プランが譲れないならW05一択

ルーターの性能としてはWX04と比較すると落ちてしまいますが、2年プランが選べるのはW05だけです。

ただし、2年プランではLTEオプションが有料になってしまうので、LTEオプションを利用予定だという場合は、3年プランでWX04を選ぶのがおすすめです。

W05も基本的には3年プラン限定で販売しているプロバイダ多いのですが、下記のプロバイダだけ2年プランでの販売がされています。

2年プランでの契約はいつ終了するか分からないので、迷っている方は早めの申し込みがおすすめです。

WX04とW05をスペックで比較

WX04とW05をすスペック面で比較すると、下の表のようになります。

あまり大きな違いはありませんが、やはり国産ルーターということもあり、WX04はバッテリーの持続時間や、本体の小型軽量化で一歩リードしています。

WX04 W05
通信速度 440Mbps 708Mbps
連続通信 13時間 9時間
サイズ
(mm)
W:111
H:62
D:13.3
W:130
H:55
D:12.6
重さ 128g 131g
充電規格 USB Type-C USB Type-C
LTEオプション
ワンタイムHS+A ×
Bluetooth
プラン 料金比較 料金比較

WX04とW05のスペックを比較すると、上の表のようになります。

バッテリーが長持ちで軽量なWX04最大通信速度が速いW05というのが、2つのスペックの大きな違いですね。

W05の708Mbpsの通信は、WiMAX2+とLTEの2つの回線で通信することで実現できる速度で、現在は東名阪と一部の地域でしか利用することができません。

また、WX04の440Mbpsの通信で基本的にはなんの問題もないので、最大通信速度に重点を置く必要はないでしょう。

ただし、WX04は3年プラン限定での販売なので、3年間月額料金が安いプロバイダで契約することをおすすめします。

WiMAX2+の440Mbpsと708Mbps

WX04とW05の2つの機種で最も異なるのが、WX04は440Mbpsの通信速度で、W05は708Mbpsの通信速度だという点です。

一見W05の708Mbpsが良いように思いますが、これには以下のような大きな注意点があります。

  • 708Mbpsは東名阪の一部エリアのみ
  • WiMAX2+とLTEを組み合わせた通信が必要
  • LTEは7GB制限の通信制限がある

こうしてみると、708Mbpsが使える環境にいる人はごく一部で、使えたとしてもたった7GBで速度制限にかかってしまいます。

いくら通信速度が速くても、ほとんどの人が使うことができず、通信制限も厳しいとなると、利用するメリットが見当たりません。

そうなれば、バッテリーの持ちがよくて軽量なWX04を選んだ方が、快適にWiMAX2+を利用することができます。

WX04はクレードルが強力

もう一つWX04がおすすめな理由としては、セットで購入できるクレードルが強力ということが言えます。

W05のクレードルには、特に機能が付属していませんが、WX04のクレードルには、アンテナを拡張する機能が付いています。

WiMAXを家の中で利用する際に、通常なら届きにくい電波を拡張してくれるので、ホームルーターとしても利用することが可能です。

WiMAXは、どれだけ高機能でもやはりモバイルルーターなので、電波を拡張してくれるのはとても助かる機能です。

WX04とW05の契約期間の違い

W05と比較してメリットの多いWX04ですが、WX04を2年契約のプランでと考えている方は注意が必要です。

WX04を2年プランで販売しているのは、UQ WiMAXのみで、月額料金が少し割高になっています。

3年プランで月額料金が安いBroad WiMAXと比較すると、1,000円/月ほど月額料金が高くなるので、WX04を2年プランで契約するのはおすすめできません。

3年プランはLTEオプションが無料になるお得なプランではあるのですが、契約期間を考えて2年プランを選ぶという方は、WX04は諦めてW05を唯一2年プランで販売しているGMOとくとくBBで契約することを考えても良いでしょう。

WX04を3年プランで契約するならBroad WiMAXがおすすめ

軽量コンパクトで、バッテリーの持ちが良いWX04を3年プランで契約するなら、Broad WiMAXおすすめです。

Broad WiMAXは、高額なキャッシュバックなどはありませんが、月額料金を3年間大幅に割引してくれます。

3年間利用すると、月々の料金は平均して3,500円代で利用できるので、最も月額料金が高いUQ WiMAXと比較すると1,000円ほど安く利用することができます。

また、通常18,875円必要な初期費用が、期間限定で無料になっています。

Broad WiMAXへのお申し込みは、こちらから。

契約期間が気になるならW05を2年プランで契約できるGMO

GMOとくとくBBは、月額料金の割引はわずかですが、30,000円前後のキャッシュバックをもらえるプロバイダです。

最新機種のW05も唯一2年プランで販売しているので、WX04の契約期間が気になるという方は、GMOとくとくBBでW05の2年プランを選ぶのがおすすめです。

もちろん、WX04の3年プランも販売しているので、月額料金の割引よりもキャッシュバックが魅力だという方は、WX04を購入することも可能です。

2年プランは、LTEオプションを利用しない方にとっては、契約期間が短いので、契約期間の縛りをできるだけ軽くしておきたいという方におすすめです。

GMOとくとくBBノのキャッシュバックキャンペーンはこちらから。