WiMAX STYLE

WiMAXキャンペーンの比較なら

WiMAXとY!Mobile契約するならどちら?

2015/04/06 2015/4/2

WiMAXとY !Mobileの料金やサービスを比較してみました。

WiMAXとY!Mobileは、どちらも通信容量無制限・高速通信をPRしています。

2つのモバイルデータ通信サービスは、同じように見えますが、どこが違うのでしょうか?

WiMAXとY!Mobileを比較検討されている方に、その違いをまとめてみました。

WiMAXとY!Mobile

2つのサービスの詳細から、通信方式やサービスの内容などを比べてみましょう。WiMAXとY!Mobileをそれぞれ詳しく書いてみました。

WiMAX

WiMAXはauを母体とした、UQ WiMAXが提供するデータ通信サービスです。

WiMAX,WiMAX2+の通信ができるルーターを販売していて、そのWiMAXルーターと、スマホやPCやタブレットを接続して使用します。

WiMAXはWiMAX通信を使った、月のデータ通信が無制限のサービスが人気で、ネットの使用頻度が高い方におすすめです。

また、現在はWiMAX2+という更に高速化した回線を提供していて、下り最大220Mbpsの速度が出せることでも話題になっています。

WiMAXの使い放題

WiMAX2+が登場してから、WiMAXがこれまで通り無制限の使い放題を提供し、WiMAX2+は月に7GBまでの高速通信に制限されました。

しかし、新しいプラン「ギガ放題」が登場し、月額料金は少し上がりますが、WiMAX2+も使い放題が可能になりました。

その代わりに、WiMAX回線は縮小し、全面的にWiMAX2+回線に移行していくようです。

WiMAXとWiMAX2+の違いはこちら

Y!Mobile

Y!Mobileは、Softbankが母体となり、E-MobileとWillcomが統合してできた、データ通信サービスです。

Y!Mobileは、代表的なWiFiルーターPocket WiFiの販売だけでなく、Nexusシリーズやスマートフォンなどの端末も販売しています。

Y!Mobileの使い放題

Y!Mobileは、基本的には3日で1GB,1月で7GB以上の通信をすると、速度制限が課せられるサービスです。

通信速度は、最大下り165Mbpsと十分なのですが、やはり通信量が心もとない印象です。

しかし、使い放題のキャンペーンを提供していて、少し特徴的ではありますが、データ通信無制限の使い放題になります。

それは、速度制限が適応された後、端末側から速度制限の解除を申請するという形です。

申請は一度行うと、500MBの通信分、速度制限が解除される仕組みで、この申請を無制限に行うことができます。

WiMAXと比較すると、一手間かかりますが、一応Y!Mobileも一応使い放題だと言えます。

まとめ

WiMAXとY!Mobileは同じデータ通信使い放題でも、上記のように違いがあります。

個人的には、データ通信量が多い方にはやはりWiMAXをおすすめします。

Y!Mobileは500MB毎の申請になるので、常に安定した高速通信には向いていません。

あくまでも7GBが基本だと思って良いと思います。

常に高速通信で好きなだけ高速通信を行うにはWiMAXで決まりですね。

この記事がよく読まれています