WiMAX STYLE

WiMAXキャンペーンの比較なら

uroad-home2-gmo

URoad-Home2+とSoftbank Air使うならどっち?

2016/09/16 2015/12/10

自宅やオフィスをインターネット環境を考える時に、ADSLや光回線に変わる新たな固定回線として候補に上がるのが、WiMAXとSoftbank Airです。

WiMAXはもちろんモバイルルーターでも問題ありませんが、ここではホームルータータイプのURoad-Home2+とSoftbank Airを比較してみましょう。

どちらも一長一短ありますが、Softbank Airはまだ対応エリアが狭すぎるので、現時点ではURoad-Home2+を選ぶのがおすすめです。

URoad-Home2+とSoftbank Airの比較

機種 速度 料金 エリア
URoad-Home2+

WiMAX2+:110MBps

WiMAX:40Mbps

3,609円/月〜
Softbank Air 110Mbps 3,990円/月

URoad-Home2+とSoftbank Airは、見た目もサービス面でもとてもよく似たルーターです。

注目すべきはエリアと大量に通信した場合の速度制限についてです。

URoad-Home2+の速度制限

URoad-Home2+をはじめとするWiMAXの通信には、WiMAXとWiMAX2+の2つの種類があります。

回線 最高速度 速度制限
WiMAX 14Mbps なし
WiMAX2+ 110Mbps 3日で3GB
(制限時4〜8Mbps)

URoad-Home2+はWiMAXとWiMAX2+の回線を自由に切り替えることができるので、基本的にはWiMAX2+の回線を使用して、速度制限がかかったらWiMAXの通信に切り替えるという使い方が可能です。

ただし、最近では速度制限時でもWiMAX2+の回線を使用した方が速度が出る傾向にあると感じています。

そのため、WiMAXを契約するなら、ギガ放題プランで契約しておきましょう。

そうすれば、速度制限にかかっても、翌日には元の速度に戻ってくれるので安心です。

Softbank Airの速度制限

Softbank Airの場合は、何日でこれだけ使えばという明確な速度制限はありません。

ただ、夜間の回線混雑時は回線安定のために少し最大速度が落ちます。

明らかな速度制限にかかるのは、動画を視聴し続けたり、オンラインゲームを長時間使用したりすると、速度制限にかかってしまうようです。

Uroad-Home2+はこんな人におすすめ

  • 料金は安いほうがいい
  • 14Mbpsの通信で十分
  • とりあえず2年くらい使えればいい

WiMAX2+の110Mbpsが3日で3GB制限という仕様は、どう考えても固定回線には向きません。複数台のスマホやPCを使用しているとあっという間に上限に達してしまいます。

URoad-Home2+を使うには、ノーリミットモードで使うのが実用的になります。

また、契約時に30,000円を超えるキャッシュバックが貰えるGMOとくとくBBから契約すると、2年間の実質的な費用は格段にURoad-Home2+の方が安くなります。

キャッシュバックはこちらのリンクからお申し込みすると、適用されます。

Sofbank Airはこんな人におすすめ

softbankair

  • Softbankの携帯やタブレットを使っている
  • 通信速度は常に早い方がいい
  • オンラインゲームをしない

Softbank Airは、Softbankのスマホやタブレットを使用している場合は、パケット通信料金が値引きされます。家族のパケット通信料金も割引されるので、契約回線が多ければ多いほどお得になります。

ただ、WiMAXのようにキャッシュバックなどは無いので、恩恵を受けられるのはSoftbankユーザーだけになります。Softbankユーザーはとりあえずこちらを選んでみるのも良いでしょう。

Softbank Airは、WiMAXのノーリミットモードのように、全くの無制限では無いので、オンラインゲームなどで夜間常に通信を必要とするような使い方では、速度制限を受けてしまいます。

反対に通常使用の範囲内では、WiMAXノーリミットモードより早い速度で使うことができます。

この記事がよく読まれています