WiMAX STYLE

WiMAXキャンペーンの比較なら

デスクトップにもWiMAXは最適

2016/08/17 2015/6/8

最近ではノートパソコンが高性能になり、場所を固定しなければならないデスクトップはあまり人気がありません。

しかし私は、ノートよりも画面の大きいデスクトップ派です。そんな私が固定回線からWiMAXに乗り換え、デスクトップとWiMAXを接続した際の体験談をご紹介します。

モデムが無しでも接続できるWiMAX

デスクトップパソコンでは、インターネット開通工事をしたときに設置されたモデムから伸びたLANケーブルの届く範囲でしかネットを楽しめないと思われがちです。

ノートパソコンに比べると大きいサイズのデスクトップパソコンなので、従来のネット環境のスタンダードであった設備でなければ正常に動作しないという固定観念があるのかもしれません。

実際私もデスクトップはLANケーブルに接続して使ったことしかありませんでした。

しかし、最近ではWiMAXというモバイルネットワークのサービスが登場しています。このWiMAXを有効活用することによって、デスクトップパソコンで場所を問わずインターネットを楽しめるようになります。
WiMAXというのは、携帯電話のようにWiMAX本体自身がインターネットに接続できます。

さらにWiMAX本体と別売りで購入できる、クレードルと呼ばれる専用機器が存在します。これには、LANケーブルを差し込むことができます。

つまり、WiMAXで有線インターネットアクセスが可能になるというわけです。クレードルとデスクトップパソコンにそれぞれLANケーブルを接続すれば、WiMAXの電波が受信できる場所ならどこでもインターネットを楽しめてしまいます。
ただしデスクトップパソコンとWiMAXを組み合わせることによってネット環境を構築するときには、注意しなければならないことがあります。

それは、デスクトップパソコン側では絶えずデータの送受信のためにLANケーブルに信号を送り続けるので、時折WiMAXのモバイルルーターがビジー状態になることです。少しだけ時間を置けば、回復することがしばしばです。

どうしても待てないのであればモバイルルーターを再起動すれば元通りの状態になります。

 

この記事がよく読まれています