WiMAX STYLE

WiMAXキャンペーンの比較なら

2年使ったWiMAXからWiMAX2+へ乗り換えました

2016/08/17 2015/6/8

私は現在Wimax2+を使っています。
以前からWimaxを使っていたのですが、2年単位の契約期間が過ぎたのでこの度Wimax2+に乗り換えました。

そこでWiMAXからWiMAX2+へ乗り換えを検討されている方に、参考になるようWiMAX2+へ乗り換えた使用感をレビューしたいと思います。

WiMAXとWiMAX2+の実測

Wimaxは東京都内で使用していた時のですが、マンションの1階の室内でルータを置いて
いても、下りで2~3Mのネット速度が出ていました。
こういった経験があったので、Wimaxよりもインターネット速度が早いと噂の
Wimax2+にはかなり期待していました。
しかし、結果は期待はずれでした。今は静岡県の主要都市に住んでいますが
以前に比べてかなり遅いのです。

ルーターは窓際に設置してあるので、Wimaxの電波状態はそこそこ良いです。
使っているルーターはHWD15というものでWimax2+の接続する際には3つの
モードから選ぶことが出来ます。
3つのモードはハイスピードモード(WiMAXとWiMAX2+)、ハイスピイードプラス(WiMAX2+とLTE)、ノーリミットモード(WiMAX)です。
ハイスピードモードは電波状況をルーターが察知して自動的にWimaxかWimax2+に切り替えてくれる便利なモードで、私は主にこのモードを使ってネット接続しています。

WiMAX2+が入るところは優先的にWiMAX2+に接続してくれるので、いちいち通信先を選択する必要がないので、とても便利です。

私が住んでいる所では、ハイスピードモードにすると基本的にWimax2+を選択して接続してくれます。

速度が思ったより出ない

なのでネットの通信速度は早くても良いはずなのですが、BNPスピードテストというサイトで実測値を計算した所、
下りで約1~1.5Mくらいの速度しか出ていませんでした。

またWimaxの電波が他のWi-fiと干渉していているのかもしれないと思いルーターの設定をいじったのですが、やはりネット速度はあまり変わりません。

これはWiMAXルーターの機能の差によるものなのか、東京都内から静岡に引っ越したから速度が低下したのか分かりません。

速度が期待していた以上に出ないということで、あまりにも速度にこだわる方は、慎重に契約されることをおすすめします。

こういったデメリットがあるものの、Wimax2+は外出時に速度制限がなく使えるという点で重宝しています。
自宅で仕事がしたくない時にWimax2+のルータを持ってカフェに行き、一仕事するのには
素晴らしいサービスだと思います。

1〜1.5Mの速度が出ていると、通常の作業にはあまり影響が出ませんでした。

大容量ファイルをダウンロードし続けるなどの、ヘビーな使い方には向かないかもしれませんが、十分使えるWiMAX2+のレビューでした。

 

この記事がよく読まれています