WiMAX STYLE

WiMAXキャンペーンの比較なら

単身赴任でWiMAXを契約。複数機器の接続にも問題無し

2016/08/17 2015/6/8

わたしは1年半前からWiMAXを利用しています。WiMAX2+になる前からの利用者です。

WiMAXを契約したのは、単身赴任がきっかけになりました。単身赴任先で固定回線を引いたインターネット利用に加え、屋外ではスマートフォン、タブレット端末と数種類の機器を使うにあたってはかなりのデータ通信量になると考えたからです。

単身で固定回線を引くことや、外出先での利用が多いことを考えると、コスト面も考慮してWiMAXのモバイルルーターを契約しました。

もちろん、現在もギガ放題プランでデータ通信使い放題にしています。契約前にまず確認したのは単身先のマンションがデータ通信可能かどうかです。というのも屋内や地下はWiMAXのデータ通信が弱いという定説があったからです。

WiMAXは電波の特性上、屋内には電波が回り込みにくいという特性があります。

心配しながらも、UQ WiMAXで対応エリアを確認しWiMAX到着後すぐに試してみたところ、私のマンションは問題なくWiMAXの通信ができることと、さらには通勤が地上なので利用可能なこともわかりました。

もちろんそれが分かるとすぐに契約しました。今では自宅内でもデスクトップパソコン、タブレット端末、スマートフォンを同時接続しても速度が遅くならず快適に利用しています。

自宅内のみではなく、持ち出しても利用できることを考えると非常にメリットがあります。

WiMAXを利用してから気になりだしたのは、持ち出す際のエリアとバッテリーです。

もちろん、屋内と地下はところどころ通信が切れてしまいあまり期待できません。長時間使用する際は、WiMAXの電波が入るか確認してから向かうようにしています。

そして、バッテリーです。スマートフォン一台と接続している程度なら問題ありませんが、同時に数回線を接続しているとさすがに丸一日持ちません。一日の終わりにあと少しの所でバッテリーがなくなってしまいます。

WiMAXを持ち歩くようになってからモバイルバッテリーは常に持ち歩くようになりました。最近のは小型でバッテリーの容量が多いのでとても助かります。

これさえあれば、安心して使い続けることが可能です。メリット、デメリットはありますがわたしは圧倒的にメリットが多いので今回のWiMAXのモバイルルーター契約は正解でした。

この記事がよく読まれています