WiMAX STYLE

WiMAXキャンペーンの比較なら

転居が多い方におすすめなのがWiMAX

2016/08/17 2015/6/5

私がWiMAXを選んだ理由は、転居が多い仕事をしていて、直近で転居予定があったためです。

今後も転居を繰り返すことは分かっていて、多い年だと1年間に2回転居をしなければならないという可能性もあります。

転居先でインターネットに接続するために光通信やADSLなどの契約も検討したのですが、一つ問題がありました。

これまで固定回線を契約する際は、実質通信費を抑えるために価格.comのキャンペーンを利用していました。

ですが、価格.comの割引を適用させるためには1年以上の継続利用がキャンペーンの適用条件だったのです。

そのため今回の転居のように、1年未満での転居により契約取消をしてしまうとキャンペーンが適用されず、あまり安くなりません。
そこで前から気になっていたWiMAXというモバイルルーターを契約することにしました。私と同じように転居予定がある方には、ルーターをそのまま持って行くだけですぐに通信ができるWiMAXはお勧めです。

ただここで注意して頂きたいのは、転居先でのWiMAXの電波状況です。

転居先でWiMAXが繋がらないとせっかく契約しても意味がありません。

私の場合は転居先がまだ未定の段階で契約したので、転居先の電波状況まで分かりませんでした。

そのため、もし転居先の電波状況が悪かった場合、違約金等かからずに解約できるソネットのWiMAXプランを選びました。
WiMAXの通信状況としては普通にパソコンでインターネットをしたり、携帯のWi-Fi接続をしたりする分には、そこまで遅く感じません。

一般的な使用にはまず問題のない速度が出ています。

WiMAXの通信速度は環境によって変わるようなのですが、最近では電波の改善もされて、ほとんどどこでも同じ環境で使雨ことができるようです。転居先の住所でWiMAXの電波が入るかどうかは、UQ WiMAXの公式HPで確認することができますので、そちらをお試しされるのも良いかもしれません。

また、私はスマホの通信容量に制限があるプランで契約しているので、外出先にもなるべくWiMAXのルーターを持ち歩きます。Wi-Fi接続するようにしていますが都内でも場所によっては繋がらなかったりしますが、少し移動したり方向を変えるとまた繋がるようになるので、そこまで不都合が感じません。
自宅でいつもと同じ場所にルーターを置いていても遅い時や早い時があります。実用的ではありますが、仕事などでどうしても同じ速度で常に接続したいような方には、あまりおすすめできません。

 

この記事がよく読まれています