WiMAX STYLE

WiMAXキャンペーンの比較なら

パケットがすぐにいっぱいになってしまう場合の原因と対策

2015/5/31

スマホを使っていると、月の初めは高速通信でサクサク見れていたネットが、月末に近づくとパケット通信に制限がかかってしまい、通信速度が低下してしまう。

今やどこでもネットにつながる時代に、このパケット通信の制限に悩んでいる方がとても増えてきています。

高速通信をPRしているキャリアも、一度通信速度が低下してしまうと、ネットの一ページを開くだけでも一苦労。とても時間がかかってしまいます。

私も、WiMAXを使用する前まではよくこの通信速度制限にひっかかってしまい、Youtubeなどの動画が見れないことはもちろん、Twitterのタイムラインも読み込めず、とてもイライラする日々が続きました。

パケット通信を好きなだけ使うには

現在スマホを発売しているどのキャリアも、実はこの通信速度制限が決められていて、その多くが3日で1GBや1ヶ月で5GB,7GBまでといったものになっています。

3日で1GB最近制限を解除するキャリアが増えてきましたが、月に5GBや7GBというパケット通信量は、ネットをよく使う方だとすぐに上限に達してしまいます。

契約する料金プランで、この上限を引き上げることができますが、それには1GBで約1,000円程度の金額を支払わなければいけません。

たった1GBのために、それだけの月額料金を支払うのはあまりにもコストパフォーマンスがよくないので、WiMAX STYLEでご紹介しているのは、毎月のパケット通信量が無制限で、高速通信が使い放題のWiMAXを使用する方法です。

WiMAXをメインの回線にする

WiMAXはルータータイプのモバイルデータ通信端末で、これを持ち歩くことでスマホのパケット通信をWiMAXで補うことができます。

WiMAXはスマホやタブレットとWiFi接続することができるので、WiMAXの電源をONにしておけば、スマホのパケット通信を使わずに、WiMAXが通信してくれます。

こうすることで、速度制限を気にすることなく、好きなだけネットや動画が楽しめます。

またWiFiに接続できる機器ならなんでも接続することができるので、外出先でPCと接続して使う場合も大活躍です。一台あれば通信はすべてこれに任せてしまえますね。

毎月の支払いが安くなる

WiMAXを契約するメリットはそれだけではありません。

WiMAXの月額料金がもちろんかかるのですが、実はWiMAXを持つとスマホの料金を節約することができます。スマホのパケット通信プランを、一番少ない2GBなどにしておけば、毎月の支払額が減り、減った分をWiMAXの使用料金に当てることができます。

スマホの1GB1,000円と比較すると、WiMAXは無制限で3,000円〜の格安な料金体系なので、安心して使用することができます。

パケットがすぐにいっぱいになってしまう方は、パケット上限を引き上げるよりWiMAXを検討されてみてはいかがでしょうか?

 

この記事がよく読まれています