WiMAX STYLE

WiMAXキャンペーンや料金のことなら

L01sのキャンペーンを比較!最安値のプロバイダはどこ?

WiMAXのホームルーターに最新機種L01sが登場しました。

L01sはL01の後継機種で、デザインも機能もほぼ違いはありませんが、本体重量が軽量化され、細かい点で進化しています。

取り扱いプロバイダも多く、各社それぞれお得なキャンペーンを展開しているので、このページではL01sのキャンペーンを比較し、最安で契約できるプロバイダをご紹介したいと思います。

L01sのプロバイダ別キャンペーン一覧

プロバイダ プラン 月額料金 キャッシュ
バック
Broad WiMAX 3年 3,411円
GMO 2年or3年 4,263円 29,000円
So-net 3年 3,579円
Biglobe 3年 4,380円 30,000円
UQ WiMAX 2年or3年 4,380円 3,000円

L01sは、ほとんどのプロバイダがLTEオプションが無料で使える3年プラン限定での販売になっています。

もっとも月額料金が安いのはBroad WiMAXですが、こちらも3年プラン限定になっています。

LTEオプションが不要で、3年プランは長すぎると感じる方は、GMOとくとくBBなら、2年プランが選べてさらにキャッシュバックので、このどちらかを選ぶのがおすすめです。

L01sを3年プランで契約するならBroad WiMAX

L01sは、WiMAX2+の回線に加えて、au 4G LTEを使った通信が可能です。

LTE通信は、通常1,005円の有料オプションですが、3年プランなら毎月無料で利用する事ができます。

Broad WiMAXは、キャッシュバックなどはありませんが、3年間ずっと月額料金がお得に利用できるプロバイダです。

UQ WiMAXでl01sを契約するよりも、毎月1,000円近く割引されるので、3年間利用した場合の総額は30,000円以上安くなります。

2年プランが用意されていないのが残念ですが、L01sを長期で安く契約したいという方にはおすすめです。

L01sの2年プランならGMOとくとくBB

GMOとくとくBBは、月額料金こそ割引が少ないプロバイダですが、その分高額なキャッシュバックを受け取る事ができます。

また、L01sを2年契約できるプランがあるので、契約期間をできるだけ短くしたいという方にもおすすめです。

ただし、2年プランを選んでしまうと、LTEオプションが有料になるので、契約期間中にLTEオプションを利用する予定があるという方は、Broad WiMAXがおすすめです。

反対に、WiMAX2+の回線だけで十分だという方は、GMOとくとくBBの2年プランを選んで契約するのが良いでしょう。

申し込んで11ヶ月後に、GMOとくとくBBから、キャッシュバックの受け取りに関するメールが届くので、見逃さないように注意しましょう。

L01sの限定キャンペーンがあるSo-net

So-net WiMAXは、L01s限定の月額料金割引キャンペーンを開催しているプロバイダです。

L01sを選んだ場合だけ、他の機種を選んだ場合よりも、月額料金が安く設定されているので、L01sを契約するなら3番目におすすめのプロバイダです。

So-net WiMAXは、WiMAXの会員以外に、モバイルコースというSo-net独自の会員に入会する必要があり、毎月200円支払わなければいけません。

そのため、実際の月額料金に+200円が毎月必要という事で、キャンペーンページに記載している月額料金も200円上乗せで考えておくのが良いでしょう。

So-net WiMAXもL01sは3年プラン限定での販売になっています。