WiMAX STYLE

WiMAXキャンペーンの比較なら

iPhoneの通信速度低下メールがSoftbankから送られてきた

2016/08/17 2015/6/2

先日出張があったのですが、たまたまWiMAXを持っていくことができなくて、iPhoneの通信だけで2日間を乗り切ることになりました。

私はWiMAX登場以来ずっとWiMAXルーターを持っているため、iPhoneだけでは不安がありましたが今回ばかりは仕方ありません。

そして不安に思っていた通信がすぐに問題に。

Softbankから私のiPhoneにこんなメールが届きました。

softbank

普段は通信のほとんどをWiMAXでおこなっているため、iPhoneのパケット定額プランは、一番容量の少ない2GBプランを選択しています。

そして今回の出張で行った主な通信は、

  • Macとテザリング
  • iPhoneでネットの閲覧
  • メール
  • LINE

とこれくらいで、ごく一般的な使い方だと思います。

それがすぐにパケット通信がいっぱいになってしまって、Softbankから速度制限の予告メールが届き、そしてすぐに速度制限実施のメールが届きました。

Softbankの通信速度低下

WiMAXを忘れてしまった時点で、ある程度こうなることは覚悟していたのですが、速度制限がかかるまでとても早かったように思います。

動画を見たわけではありませんし、テザリングも特別大容量の通信をしたわけではありません。

ですが、速度制限になってしまったのは仕方がないので、そのまま帰宅するまで使用することにしました。

速度低下後はほとんど使えない

キャリアの発表によると、速度制限が適用されたあとの4Gの通信速度は128kbps程度とのことでしたが、それにしても遅すぎます。

スマホ用のサイトを閲覧するにも、とてもじゃないですが待っていられないくらい読み込みに時間がかかってしまいます。

さすがにSMSの送信などはストレスなくできますが、Twitterのタイムライン読み込みもスムーズにできませんし、LINEの通話も不可能でした。

速度制限の話は何度か聞いたことがありましたが、これほどまでとは思っていませんでした。

帰りの新幹線の中でやる予定だった作業も、Macにテザリングすると本当に読み込みに時間がかかってしまい全く捗りません。

仕方なくあきらめて、WiMAXを持ってこなかったことを本当に後悔しました。

外出先で通信するにはモバイルデータ通信が必須

今回の出張で感じたように、キャリアのパケット定額制は、高速通信ができるパケット通信量を超えてしまうと本当に使えません。

もちろんパケット定額の容量を7GBや10GBのように多めにしていると、ある程度の通信容量は確保できますが、それでも動画や音楽のストリーミングは相当気をつけて使用しないと、すぐに制限にひっかかってしまいます。

速度制限を解除するには、翌月まで待つか、1GB1,000円の速度制限解除料金を支払うしかありません。

1GBで1,000円というのは、とてもコストパフォーマンスが悪く、それだったら一台モバイルルーターを持って、そちらに月額料金を支払う方が余程経済的です。

さらにWiMAXルーターなら、毎月の通信容量を気にせず使うことができるのでおすすめです。

キャリアのパケット通信がすぐにいっぱいになってしまうという方は、一度WiMAXルーターを検討してみてはいかがでしょうか?

 

この記事がよく読まれています