WiMAX STYLE

WiMAXキャンペーンや料金のことなら

WiMAX3年プランの料金を比較!総額で最もお得なのはどのプロバイダ?

WiMAXは、これまでの2年プランに加えて、LTEオプションが無料になる3年契約のプランが登場しました。

2年プランと3年プランは、LTE通信を利用するかどうかが選ぶ基準だったのですが、最新機種WX04は多くのプロバイダで3年プラン限定の端末となっており、これからのWiMAXは3年プランで安いプロバイダはどこか?というのが重要なポイントになりそうです。

このページでは、複雑になりがちな3年プランを選んだ場合の総額を、月額料金・キャッシュバックなどの項目別に各プロバイダで比較したいと思います。

WiMAXで3年プランを契約する前に、しっかり料金を比較して、プロバイダを選んでください。

WiMAXギガ放題3年プランの料金の比較

WiMAXには月の通信が7GBまでのプランと、ギガ放題のプランがありますが、3年プランで7GBプランを選ぶということはほぼ無いと思うので、ここではギガ放題プランで3年プランの料金を比較したいと思います。

LTEオプションが無料で使えるというのは、全プロバイダ共通ですが、月額料金やキャッシュバックなどのキャンペーンによって、大きく3年の総額が異な流ので、ご注意ください。

また、キャッシュバックキャンペーンは、基本的にすぐに受け取れるということがなく、契約から継続利用が確認できた11ヶ月から23ヶ月での受け取りになるので、ここも注意が必要です。

プロバイダ 3年総額 実質月額 キャンペーン 〜24ヶ月 25ヶ月〜
Broad WiMAX 128,301円 3,563円 初期費用無料 3,411円
3ヶ月2726円
4,041円
GMO WiMAX 123,506円 3,430円 キャッシュバック
11ヶ月後28,000円
4,263円 4,263円
So-net WiMAX 125,107円 3,475円 キャッシュバック11ヶ月後20,000円 4,179円 4,179円
BIGLOBE 125,625円 3,489円 キャッシュバック23ヶ月後30,000円 3,695円 4,380円
UQ WiMAX 152,628円 4,239円 商品券
3,000円分
3,696円 4,380円

キャッシュバックと月額割引のキャンペーン

WiMAXの3年プランの特徴としては、総額で見るとUQ WiMAX以外は大きな金額の違いがありません。

そのため、一見するとどのプロバイダで契約してしまっても良いような気がしますが、キャンペーンに大きな違いがあります。

ほとんどのプロバイダは、契約から11ヶ月〜23ヶ月後にキャッシュバックの受け取り申請をして、初めて上の表の総額になります。

反対に言うと、もしキャッシュバックの受け取り忘れや手続きの失敗をしてしまうと、途端に総額は高くなってしまいます。

Broad WiMAXの月額最安プランなら、面倒な受け取り手続きはありませんし、24ヶ月までの月額料金も、25ヶ月以降の月額料金も最初から安く設定されているので、3年間安心して利用することができます。

対して、少しでも3年間の総額を抑えたいと言う方には、キャッシュバック金額が一番高額なGMOとくとくBBがおすすめです。

選ぶ端末によってキャッシュバック金額が変わりますが、どの端末を選んでも他のプロバイダよりも高額なキャッシュバックを受け取ることができます。

キャッシュバックキャンペーンは、初めてそのプロバイダで契約する場合のみの限定となっていて、過去に申し込んだことがある場合は適用されないという点にも注意が必要です。

LTEオプションを利用するなら絶対に3年プラン

WiMAX3年プランは、月額1,005円のLTEオプションが無料になるというのが最大の特徴です。

LTEオプションを利用する予定がないという場合は、これまで通り2年プランで総額が安いプロバイダを探すのが正解ですが、現行の新機種W04・WX04はどちらもLTE通信に対応しています。

また、WiMAX2+とau 4G LTEのキャリアアグリゲーションにより、通信速度を440Mbpsと高速にする技術を使っているため、WiMAX2+の真価はLTEオプションを利用して発揮されると言ってもいいでしょう。

LTEは通信速度の向上と、WiMAX2+が届きにくい屋内や山間部での通信にも活躍します。

2年プランでLTEオプションを毎月利用すると、それだけで1,005円x24ヶ月=24,120円必要なので、LTEオプションを利用する場合は、必ず3年プランを選ぶことをおすすめします。

3年プランにおすすめのプロバイダは?

WiMAXプロバイダでも、全てのプロバイダが3年プランを提供している訳ではありません。

といっても、月額最安プランのBroad WiMAXや、最高額キャッシュバックのGMOなど、主要なプロバイダはしっかり3年プランに対応しているので、安心です。

その中でも、3年プランの申し込みにおすすめなプロバイダをご紹介したいと思います。

3年目も確実に安いBroad WiMAXがおすすめ

Broad WiMAXは、他のプロバイダと比較すると、3年間の総額で2,000円〜高くなっていますが、キャッシュバックではなく、月額料金割引のため、何の手続きもなく、申し込んだ月からお得になっているプロバイダです。

Broad WiMAXなら、キャッシュバックの受け取り手続きを忘れて、結果的に高い月額料金を支払い続ける心配がありません。

契約してから24ヶ月間も25ヶ月目以降も、ずっと他のプロバイダより安い月額料金で利用することができます。

本来は初期費用が18,875円必要なのですが、クレジットカード払い・申し込み時オプション加入という条件を守れば、初期費用が無料になるキャンペーンを開催しています。

オプションは契約してしまったらすぐに解約することが可能なので、不要なオプションに毎月利用料金を支払う必要もありません。

貰えるか分からないキャッシュバックよりも、月々の支払いが確実に安くなる方が安心だという方には、Broad WiMAXのギガ放題月額最安プラン(3年)をお申し込みするのがおすすめです。

今なら、発売されたばかりで3年プラン限定のWX04が端末代金無料になっているので、端末もWX04がおすすめです。

高額キャッシュバックを狙うならGMOとくとくBB

GMOとくとくBBは、WiMAXプロバイダの中で、最も高額なキャッシュバックが貰えるプロバイダです。

キャッシュバックだけでなく、月額料金もわずかに割引されているので、3年プランの総額は最安値になっています。

ただし、キャッシュバックの受け取りは、契約から11ヶ月後に届くメールを確認し、キャッシュバックの受け取り手続きを完了した翌月末に振り込まれるので、手続き忘れや、ミスには注意が必要です。

こういった手続きが面倒、本当にきちんと受け取れるかどうか不安だという方は、先ほどご紹介したBroad WiMAXがおすすめです。

GMOとくとくBBも、最新端末のWX04は3年プラン限定で利用できる端末になっていて、端末代金も無料になっています。

キャッシュバックの受け取りさえ正確にできれば、お得なプロバイダであることは間違いありません。

料金を気にしないならUQ WiMAX

UQ WiMAXは、WiMAXの本家本元であるため、当然3年プランを一番初めに打ち出しました。

LTEオプションが無料というのは、他のプロバイダと全く変わりがありませんが、キャンペーンは3,000円の商品券が貰えるだけなので、3年総額では最も高くなっています。

他のプロバイダと比較すると、20,000円ほど料金が上がってしまうので、料金面ではあまりおすすめすることはできません。

ただ、Broad WiMAXGMOとくとくBBなどのMVNOが、あまり聞きなれず3年間も契約するのは不安だという方には、唯一の選択肢になっています。

WiMAXはUQ WiMAXで契約しても、他の安いプロバイダで契約しても、速度面やサービス面では全く違いがないので、個人的には他のプロバイダで契約するのがおすすめです。