WiMAX STYLE

WiMAXの基礎から申し込みまで徹底ガイド

WiMAXのことならWiMAX STYLE

2017/6/1

WiMAX STYLEは、WiMAXとはどんなサービスか?通信速度は?どのプロバイダで契約するのがお得?など、WiMAXに関するあらゆる情報を掲載しているサイトです。

WiMAXは、モバイルデータ通信サービスの中でも、唯一使い放題の通信ができるサービスで、ネットのヘビーユーザーには手放せないものです。

このサイトの運営者もWiMAXを5年間使っており、現在は自宅の固定回線の代わりにもなっています。

WiMAXを検討している方はWiMAXのお申し込みの前にしっかり情報をチェックして、お得にWiMAXを契約し、しっかり活用しましょう。

WiMAXのプロバイダ一覧からキャンペーンや料金を比較する

WiMAXは、プロバイダによって月額料金や行なっているキャンペーン内容が異なります。

一番安いプロバイダと一番高いプロバイダでは、2年契約の総額で30,000円以上料金に差があります。

WiMAXを契約する前に、しっかりとプロバイダを比較して、お得にWiMAXを申し込みましょう。

WiMAXのキャンペーンを簡単に比較する

プロバイダ 7GB ギガ放題 キャッシュバック
GMO
おすすめ
3,609円 4,263円 32,000円
So-net 3,495円 3,980円 21,000円
DTI 3,500円 4,300円 25,000円
Biglobe 3,695円 4,380円 20,000円
UQ WiMAX 3,696円 4,380円 3,000円

WiMAXの月額料金や契約時のキャッシュバックは、上の表のようにプロバイダによってかなり差があることが分かります。

これを知らずに、WiMAXを契約すると、少なくても30,000円以上お得になるチャンスを逃してしまうことになります。

WiMAXを契約する際は、プロバイダとそのキャンペーン内容をしっかり比較して、契約する様に注意しましょう。

WiMAXを契約できるプロバイダの一覧

WiMAX回線を提供するプロバイダは、ここでご紹介している以外にも存在します。

WiMAX STYLEでは、その中でもお得に契約できるプロバイダを厳選してご紹介しています。

GMOとくとくBB So-net Broad WiMAX
BIGLOBE UQ WiMAX Nifty
PEPABO 3WiMAX Racoupon/
Bic WiMAX Yamada WiMAX Yodobashi

2017年6月のおすすめはプロバイダはGMOとくとくBB WiMAX

現在最もお得なWiMAXプロバイダはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBは、全てのWiMAXプロバイダの中で、最高額の32,000円キャッシュバックが貰えるキャンペーンを実施しています。

月額料金も割引され、最新端末も無料で貰えるため、料金面でこれ以上お得なプロバイダはありません。

ただし、このキャンペーンは過去にGMOとくとくBBで契約したことが無い方限定です。初めてWiMAXを契約するなら、GMOとくとくBBを利用しない手はありません。

WiMAXの通信速度や制限って実際どうなっているの?

WiMAXの通信速度は、WiMAX2+に移行してさらに高速になり、現在では対応している最新の端末を使えば、下り最高440Mbpsの超高速モバイルデータ通信が可能です。

ただ、WiMAXでは利用できていたノーリミットモードが、WiMAX2+からは利用できなくなってしまい、ある一定の通信量を超えると、通信制限が課せられてしまいます。

WiMAXのこの対応には、最初は批判的な声ば多かったですが、それから何度かサービス内容が改善され、今ではデメリットが少なくなっています。

WiMAXは3日で10GBまでの通信ができる!制限も指定の時間帯のみ

2017年2月からのWiMAX2+の状況としては、3日で10GBまでなら好きなだけ高速通信ができるサービスにグレードアップしました。

これまでのWiMAX2+の通信制限は、3日で3GBだったので、3倍以上の容量アップです。

WiMAXの3日で10GBの制限に関しては、こちらの記事をご覧ください。

WiMAXノーリミットモードを使うことができるルーターは?

WiMAXはWiMAX2+に完全移行していき、2018年には完全にWiMAX2+の回線のみとなります。

それまではWiMAXノーリミットモードを使うことができます。

ただし、現在はWiMAX2+と比較して、速度が大幅に減速されていて、あまり実用的だとは言えません。

通信制限がなく使えることは魅力的ですが、基本的な速度が遅いので、現在はWiMAX2+対応の最新端末を購入することをおすすめします。

WiMAX2+の実測レビューはこちら

WiMAXからWiMAX2+へ移行、そして3日で3GBから10GBヘ増量と、ここ数年で目まぐるしく変化してきたWiMAX。

現在は実際の速度はどれくらい出ているのでしょうか?

実際にWiMAXルーターを使ってスピードテストしたレビューをこちらに掲載しています。

数値は、変化があれば随時更新しています。

WiMAXの2つの料金プランについて

WiMAXには、現在月々の通信量に応じた料金プランが2つ用意されています。

1つは、月の通信容量が7GBまで使えて2年契約のFlatツープラス、そしてもう1つは月の通信容量が無制限になっているギガ放題プランです。

これまでWiMAXの料金プランはFlatツープラスの1つだけでしたが、WiMAX2+に移行してから、通信容量による制限が設けられたことからギガ放題プランが誕生しました。

WiMAXの料金プランを選ぶときに、迷う方もいると思いますが、せっかくWiMAXの様な大容量モバイルデータ通信サービスを契約するなら、やはりギガ放題プランがおすすめです。

WiMAX2+ギガ放題の料金プランとは?

ギガ放題プランは、どのプロバイダでも7GBプランより600円〜700円ほど高くなっています。

ですが、たったこれだけの追加料金で毎月の通信容量は無制限になるので、現在WiMAXを契約するならギガ放題が必須と言えるでしょう。

7GBプランとギガ放題プランの料金について、詳しくはこちらをご覧ください。

WiMAXのルーターどれを選ぶ?機能別に比較する

WiMAXには、スマホの様にたくさんの機種はありません。

大体Huawei製のWシリーズか、NEC製のWXシリーズの最新2機種と、旧モデル2機種、そしてnovas Home+CAの様なホームルータータイプと、Uroad-Stick2+の様なUSBタイプの6機種程から選ぶことになります。

やはりモバイルルータータイプのWシリーズとWXシリーズが人気ですが、WiMAXを固定回線に使おうと考える方は、ホームルータータイプという選択肢が用意されています。

WiMAXルーターのスペック比較は、こちらをご覧ください。

現在の人気機種はNECのWX03

2016年12月2日に発売が開始され、今WiMAXルーターの中でも最も人気を集めているのは、NECのSpeed WiFi Next WX03です。

WX03は、下り最大440Mbpsに対応した端末で、大画面のタッチパネルが搭載されているにも関わらず、軽量でコンパクトなWiMAXルーターです。

また、新発売のWX03専用クレードルには、WiMAXの電波を強化する機能が新たに加えられており、クレードルの人気で品薄状態にもなっています。

WiMAX STYLEでは、WX03の価格をプロバイダごとに比較し、最もお得に購入できるキャンペーンをご紹介しています。

詳しくはこちらのページから。

発売されたばかりの最新機種ならW04

WX03よりあとに発売された、WiMAXの最新機種W04。

W04はWiMAXルーター初となるスティック型のモバイルルーターで、これまでにないデザインになっています。

最高速度はWX03と同じく440Mbpsに対応した端末で、こちらはLTEオプションも使えるようになっています。

最新機種2つWX03とW04の徹底比較

WX03に次いで注目なのは2017年2月17日に発売されたばかりの、Huawei製のW04です。

W04はサイズや重量などではWX03に劣りますが、LTEオプションをつけることができる縦型のWiMAXルーターです。

WiMAXを契約する方でLTEオプションが必要だという方は、あまりいないと思いますが、LTEオプションを抜きにしても、今選ぶならこの2機種のどちらかだと思います。

ホームルータータイプならHome L01

WiMAXはモバイルルータータイプについで人気のホームルータータイプがあります。

WiMAXを自宅やオフィスの固定回線として使用するのにぴったりで、WiMAXの電波の掴みやWiFiのエリアなど、モバイルルータータイプより強力になっています。

面倒な回線工事が必要なく、届いたその日からインターネット環境を作ることができるので、引越しの際にもおすすめです。

現在は、Speed WiFi Home L01という機種が、WiMAXの最新ホームルーターになっています。

WiMAXとセットで購入できる端末

WiMAXは、プロバイダによって様々なキャンペーンが用意されていますが、パソコンやタブレットなどの端末をお得に購入できるセットプランもあります。

WiMAXの契約と同時に購入することで、実際の販売価格より安く端末を手に入れることができるので、通信環境と端末を同時に購入したいという方にはおすすめです。

WiMAXとパソコンをセットで購入する

WiMAXとのセットで最も人気なのは、パソコンとのセット販売です。

WiMAXルーターと最新の実用的なノートパソコンがお得に購入できるので、趣味にも仕事にもおすすめのセットです。

一人暮らしを始める方で、引越し先にインターネット回線がなく、パソコンも新たに購入しなければいけないという様な場合には、特におすすめです。

WiMAXの月額料金+パソコンの分割代金を毎月まとめて支払うだけなので、初期費用が必要なく、購入も簡単です。

WiMAXとタブレットのセットで購入する

WiMAXとパソコンのセットについで人気なのが、WiMAXとタブレット端末のセットです。

タブレットは、パソコンよりもできることは少ないですが、セット販売の価格も安価になっています。

パソコンまでは必要ないけれど、WiMAXを使って通信できる端末が欲しいという方には、WiMAXとタブレットのセットがおすすめです。

WiMAXを他のモバイルデータ通信サービスと比較

WiMAXには、ポケットWiFiや格安SIM+モバイルルーターの組み合わせなど、競合となるサービスがいくつかあります。

モバイルルーターの中では、やはりWiMAXが最もおすすめなのですが、もちろんWiMAXにはデメリットもあるので、用途に合わせて他のサービスと比較してみるのも良いでしょう。

WiMAXとポケットWiFiを比較する

WiMAXと一番多く比較されるのは、Y!Mobileや、Yahoo!WiFiが提供するポケットWiFiです。

この2つのサービスは、料金プランがほとんど同じで、契約時にどちらにしようか迷う方も多いのではないでしょうか?

ポケットWiFiは、データ通信使い放題のサービスがWiMAXほど充実していないため、データ通信量が多い方にはやはりWiMAXがおすすめです。

反対にWiMAXは屋内での電波の入りが悪いことがあるので、データ通信容量より繋がりやすさを重視する方には、ポケットWiFiが良いでしょう。

さらに詳しい比較はこちらから。

WiMAXとSoftbank Airを比較する

WiMAXのホームルータータイプ、novas Home+CAやUroad-Home2+に対して、Softbankからもホームルータータイプのデータ通信端末Softbank Airが販売されています。

どちらも固定回線の代わりになるデータ通信サービスで、工事が必要なく設置するだけで高速インターネットに接続できるのが魅力です。

この2つも料金プランやサービス内容共に、とてもよく似ているので、どちらを選んだ方が良いか迷っている方も多いのではないでしょうか?

現状ではSoftbank Airのエリアがまだ狭いので、広く使えるのはWiMAXのホームルーターですが、今後Softbank Airのエリアが広がってくるかも知れません。

2つのサービスの比較はこちらから。

関連サイトSIM STYLEを立ち上げました。

WiMAXのことを中心にご紹介してきた当サイトですが、モバイルルーターはWiMAX。でもスマホは…?と考える方のために、格安SIMとスマホを中止院にご紹介するSIM STYLEを立ち上げました。

SIM STYLEでは格安SIMを提供するMVNOを徹底的に比較し、最適なSIMを見つけるお手伝いをします。

WiMAXにモバイルデータ通信を任せて、通話が安いSIMなどを選ぶと、毎月の通信料は相当節約することができます。

これから格安SIMに乗り換えようかお悩みの方は、ぜひ一度チェックしてみてください。